• ホーム
  • 水虫治療薬ラミシールとはどんな薬?

水虫治療薬ラミシールとはどんな薬?

足裏を触っている女性

水虫になってしまった人は、速やかに病院で専門医に診断を仰ぐことが重要です。
ただ、仕事なので忙しい場合には自分で薬を購入して治療を試みてみるのも良いでしょう。

最近はラミシールと言う水虫の薬がよく利用されていて効果を発揮しています。
水虫は白癬菌が繁殖することでどんどん広がってしまいます。
そのため、白癬菌の増殖を抑えることが最適な治療方法です。

ラミシールには白癬菌の増殖を抑えるテルビナフィンが配合され、白癬菌を殺菌してくれます。
塗り薬を始めとして、服用できる薬も開発されています。
用途に応じて適切に使い分けると良いでしょう。
テルビナフィンが配合された塗り薬は足の爪にできる一般的な水虫に効果を発揮します。

クリーム状のラミシールを使う場合には、水虫の症状がある所よりも広く塗るのがポイントです。
白癬菌の増殖を防ぐためには、まんべんなくラミシールを塗ります。

錠剤は、症状がひどい場合に利用されます。
体の内部で殺菌をすることができるので、クリームタイプのラミシールよりも強い効果を発揮してくれます。
最初にクリームタイプのラミシールを使ってみてあまり効果がない場合には、錠剤を利用する治療に変更することもあります。

水虫に効果のあるラミシールですが、デメリットとなる副作用も存在します。
主な副作用には胃の痛みや下痢、腹痛、吐き気、さらには頭痛がすることがあります。
加えて、発熱や皮膚炎などが見られる場合があります。
ラミシールを使っているときにこれらの症状が少しでも現れたときには、ラミシールを処方してくれた主治医に相談をし、今後の治療計画を練り直してください。

いずれも症状は軽いものなのであまり心配をする必要はないでしょう。
ただ、副作用の状態の強さは人によって異なりますので楽観視してはいけません。
少しでも体の異変を感じたのであれば、医師に相談をしてください。
副作用の可能性を知ることで、正しくラミシールを使うことができるでしょう。

錠剤タイプのラミシール、他の形状との違いとは

水虫の治療薬と言えばクリームタイプが有名です。
しかし、ラミシールには錠剤タイプもありますので、症状によって使い分けることができます。
一般的には、症状が弱い場合にはクリームタイプ、症状が進んでしまった場合には錠剤を活用します。
錠剤は体の中に取り入れるものなので、体の中から白癬菌を殺菌することになります。
したがって、クリームタイプよりも副作用が強く出る傾向にあるといえます。

錠剤を使う場合にはラミシールの副作用に注意してください。
特に胃が痛くなったり吐き気がする場合には、ラミシールの副作用の疑いがあります。
速やかに主治医に診てもらうようにしましょう。

また、症状がひどい場合で外に水虫が広い範囲に広がってしまったときにも錠剤の服用が効果的です。
白癬菌を一網打尽に殺菌することができるため、広がった水虫菌の治療にも有効なのです。
クリームタイプと錠剤のどちらを利用すれば良いのかが判断できない時にも、主治医の診断を仰いでください。
主治医はラミシールの利用方法を熟知していますので、あなたの水虫に最適な治療方法を選択してくれます。
市販のラミシールを購入したいときであっても、事前に医師と相談をすると安心です。

水虫の治療をする際には、まずクリームタイプのラミシールを使います。
初期症状の場合には、クリームをしっかりと塗り込むことによって症状を緩和していきましょう。
ただし、ある程度症状が進んでしまうと、クリームでは効果が出ないことがあります。
そういった場合には、錠剤タイプのラミシールが有効です。
錠剤タイプは副作用が出やすく利用にも注意が必要なので、初期段階はクリームタイプで治療をしてみることをおすすめします。

関連記事
ニゾラールの有効成分、ケトコナゾールとは? 2019年08月29日

水虫に効果的な治療薬にニゾラールがあります。ニゾラールはカビの一種の真菌に効果を発揮する抗真菌薬で、塗り薬なので体内に吸収されないため副作用も少なく安全な治療薬です。ニゾラールの有効成分はケトコナゾールで、抗真菌薬のひとつで真菌に作用して増殖を抑えることが可能です。ニゾラールは水虫の治療に使われてい...

水虫の代表的な症状とは 2019年09月30日

水虫には足にできる水虫や爪にできる水虫、足以外にできる水虫があり、症状は白癬菌がどの部位に感染するかによって異なります。足にできる水虫には趾間型・小水疱型・角質増殖型の3種類があり、その症状は下記の通りです。1.趾間型:足の指の間にできることが特徴で、まず足の指の間が赤くなり、その後白くふやけて水ぶ...

水虫に似た症状が現れるもの 2019年12月08日

皮膚が痒くなったり赤くなったりして辛い症状が出る水虫ですが、そんな水虫に似た症状がある病気はたくさんあります。たとえば、汗疱性湿疹、疥癬、掌蹠膿疱症、皮膚カンジダ症、湿疹、そして皮膚炎などです。これらを自身の判断で水虫だと思って市販の治療薬などを使って治療していたら、実は違っていたという話はよくあり...

水虫にならないための対策 2019年11月09日

現在、水虫に悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。暑い季節や湿度が高い夏の季節には、特に水虫の症状に悩まされる人が増える傾向にあります。その理由として、水虫の原因が菌にあるということが挙げられます。白癬菌という菌が、足で増殖することによって痒みなどの症状が現れます。また、水虫の原因となる白癬...

なぜ水虫になるのか、その原因とは 2019年10月20日

水虫に悩む方はどうして水虫になってしまうのか、その原因を知っておくことで有効な対策をとることが出来ます。虫という名前で勘違いをされてしまいがちですが、水虫は菌が原因で起こります。水虫を引き起こす菌白癬菌というカビの一種が引き起こしますが、なぜ足を中心に症状が出るのかというと、カビの一種のためじめじめ...