• ホーム
  • 水虫治療薬にはどんな種類があるか

水虫治療薬にはどんな種類があるか

女性の足裏

水虫の治療薬には塗り薬やスプレーから飲み薬までたくさんの種類が存在します。
患部がどこかや症状がどれくらい進行しているか、水虫に感染している人の年齢などに合わせて使える治療薬は変わってきます。

塗るタイプのもので一番よく見かけるのはクリーム剤と呼ばれるものです。
これは乾くのに時間がかかってしまいますが、白色など色がついていることが多く水虫のところにきちんと塗れたかどうか確認しやすく量も調整しやすい、しっかり付着するなどのメリットがあります。
クリーム剤は指と指の間など噴射型では届きにくいところにできたふやけたようになっている水虫の治療に効果的です。

スプレー式の治療薬もよく販売しています。
これは広範囲に薬を吹き付けることができるため水虫が足全体などに広がってしまっているときに使いやすいです。
パウダーを含むものとそうでないものがあり、パウダー入りはさらっとした使用感が得られます。

液状のものはノズルがついた容器に入った商品が多く、爪の間など局所的な水虫の治療に向いています。
アルコールを含有するものが一般的であるので、皮膚が酷く爛れたり剥けたりしていると刺激を感じてしまうかもしれません。

これらの患部に直接使う治療薬は水虫の原因となるカビの菌が表面だけに繁殖している場合にはよく効きます。
特に入浴後は皮膚がふやけて柔らかくなっているので薬がよく浸透し効果が得られやすくなります。
目で見た感じで症状が治まったように思えても水虫の菌が残っていて再発してしまうことがあるので、治療薬はしばらく塗り続ける必要があります。

水虫菌が表面だけではなくもっと深くまで広がっているときは、直に塗布する治療薬はあまり有効ではありません。
病院で診察してもらい飲み薬を処方してもらうのが完治する一番の近道となります。
しかし飲み薬は肝臓に負担をかけるため、年齢や他の薬の投薬状況などによっては出してもらえないこともあります。
また、定期的に採血検査のを受けなければなりません。

水虫治療薬の入手方法

一般的な液剤やクリーム剤、スプレー剤などはドラッグストアや薬店薬局で簡単に手に入れることができます。
症状が軽かったり表面的に菌が繁殖していたりという状況であれば、これらの市販の治療薬でも毎日きっちりと使い続け、患部を清潔に保つことで治癒を目指すことはできます。

店員と対面して購入するのは恥ずかしい、周囲の視線が気になるという人は通販で購入することも可能です。
ドラッグストアや通販は個人経営の薬店薬局より品揃えがいいので、たくさんの薬の中から口コミなども参考にして自分に合ったものを選ぶことができます。

爪水虫であったり角質増殖型の水虫で、水虫菌が皮膚の奥深くまで増殖しているときは飲み薬を利用しないとなかなか完治が難しくなります。
飲み薬は基本的に皮膚科のある病院にかかり、診察してもらって処方してもらわなければ入手困難です。
血液検査などもする必要があるため、一度薬を入手して終わりではなく定期的に通院する必要があります。
しかし中には病院に通っている時間がないという方や、水虫を医師や看護師に見てもらう勇気が出ないという方もいるかと思います。
また処方箋薬局では薬を手渡すときに説明を加えるところが大半であるため、他の患者にこの説明を聞かれるのが恥ずかしいという方もいます。

水虫の飲み薬は市販のものは存在しないのでしょうか。
確かにドラッグストアなどでは水虫の飲み薬は取り扱っていません。
薬局でも処方箋が必要になります。
しかし個人輸入の薬を販売しているネット上の通販であれば何種類かの飲み薬を購入することが可能です。
病院にかかると診察料や指導料も支払いに含まれてきますが、個人輸入の通販で入手するのであれば治療薬代だけの支出ですみます。

関連記事
ニゾラールの有効成分、ケトコナゾールとは? 2019年08月29日

水虫に効果的な治療薬にニゾラールがあります。ニゾラールはカビの一種の真菌に効果を発揮する抗真菌薬で、塗り薬なので体内に吸収されないため副作用も少なく安全な治療薬です。ニゾラールの有効成分はケトコナゾールで、抗真菌薬のひとつで真菌に作用して増殖を抑えることが可能です。ニゾラールは水虫の治療に使われてい...

水虫の代表的な症状とは 2019年09月30日

水虫には足にできる水虫や爪にできる水虫、足以外にできる水虫があり、症状は白癬菌がどの部位に感染するかによって異なります。足にできる水虫には趾間型・小水疱型・角質増殖型の3種類があり、その症状は下記の通りです。1.趾間型:足の指の間にできることが特徴で、まず足の指の間が赤くなり、その後白くふやけて水ぶ...

水虫に似た症状が現れるもの 2019年12月08日

皮膚が痒くなったり赤くなったりして辛い症状が出る水虫ですが、そんな水虫に似た症状がある病気はたくさんあります。たとえば、汗疱性湿疹、疥癬、掌蹠膿疱症、皮膚カンジダ症、湿疹、そして皮膚炎などです。これらを自身の判断で水虫だと思って市販の治療薬などを使って治療していたら、実は違っていたという話はよくあり...

水虫にならないための対策 2019年11月09日

現在、水虫に悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。暑い季節や湿度が高い夏の季節には、特に水虫の症状に悩まされる人が増える傾向にあります。その理由として、水虫の原因が菌にあるということが挙げられます。白癬菌という菌が、足で増殖することによって痒みなどの症状が現れます。また、水虫の原因となる白癬...

なぜ水虫になるのか、その原因とは 2019年10月20日

水虫に悩む方はどうして水虫になってしまうのか、その原因を知っておくことで有効な対策をとることが出来ます。虫という名前で勘違いをされてしまいがちですが、水虫は菌が原因で起こります。水虫を引き起こす菌白癬菌というカビの一種が引き起こしますが、なぜ足を中心に症状が出るのかというと、カビの一種のためじめじめ...