水虫の代表的な症状とは

きれいな足裏

水虫には足にできる水虫や爪にできる水虫、足以外にできる水虫があり、症状は白癬菌がどの部位に感染するかによって異なります。

足にできる水虫には趾間型・小水疱型・角質増殖型の3種類があり、その症状は下記の通りです。

1.趾間型:足の指の間にできることが特徴で、まず足の指の間が赤くなり、その後白くふやけて水ぶくれのようになり皮がむけます。
むず痒さを感じることが多くあります。

2.小水疱型:足の裏の土踏まずのあたりやフチに小さな水泡ができ、日が経つと赤くなって皮膚が剥けます。
強いかゆみがあるのが特徴です。
水疱は2~3mm程度と小さいことが通常ですが、大きくなるケースもあります。

3.角質増殖型:足の裏やかかとがカサカサ・ざらざらと乾燥して角質が厚く硬くなります。
皮膚がむけてひび割れを伴うのが特徴です。
空気が乾燥しやすいことから、夏より冬の方がひび割れなどの症状が強く現れます。
かゆみなどの自覚症状は伴いません。

そのほか手にできる水虫は手白癬と呼ばれており、症状には小水疱型と角質増殖型の2種類があります。
その症状は前述の足にできる水虫の症状と変わりません。
手白癬の症状の多くは片手だけに生じます。

爪にできる水虫は爪白癬と呼ばれており、爪が白く濁ります。
場合によってはたまに白く線が入ることもあります。

爪の色の症状は、放置すると白から黄そして黒へと変化します。
そうなると爪の厚みが増し、盛り上がってくる上に非常に脆くなります。

これまでにあげた水虫以外には、ぜにたむしと呼ばれる体部白癬やいんきんたむしと呼ばれる頑癬、しらくもと呼ばれる頭部白癬などがあります。

それぞれの症状として、体部白癬は体に米粒大の赤いの丘疹ができ、それが次第に周囲に炎症やかゆみを伴いながら円状に広がります。

頑癬は、10代後半から20代の男性によく発生します。

多くは太ももの内側にでき、感染部位の周囲が堤防状に隆起し、皮膚に赤色の斑点が現れます。
かゆみが強く、下腹部や臀部などへと広がることもあります。

頭部白癬は、頭部に円形や楕円形の脱毛巣と呼ばれるものを作ります。

足の裏に現れる水虫の特徴

足の裏に現れる水虫には小水疱型が多く、特に土踏まずや足の指の付け根の近くといったところに、小さな赤い水疱ができます。
水疱は無理にはがそうとするとただれることがあります。
水疱がつぶれると汁が出てきますが、汁の中には白癬菌はほとんどいません。
そのため汁から感染することはありません。

春から夏にかけてが症状が出やすい時期であり、悪化もしやすくなります。

通常は外用抗真菌薬を1カ月ほど塗ることで治癒することが可能です。
足裏の水虫に間違えられやすい病気の一つとして、掌蹠膿疱症が挙げられます。
掌蹠膿疱症は手のひらや足の裏に膿疱ができる病気であり、同じく足裏に水疱のできる小水疱型の足裏の水虫と素人目には判断が難しくなっていますが、この掌蹠膿疱症という病気は左右両方の足に症状が出るものです。
しかし小水疱型足裏の水虫が両方の足に同時に発症することは稀だと言われています。
その理由は不明ですが、白癬菌が付着してから寄生するための条件が左右の手足に同時に揃うということが起こりづらいためだと考えられます。
また掌蹠膿疱症水虫と違い冬でも症状が改善することがなく、かゆみもほとんど伴いません。

他には皮膚カンジダ症でも足裏の水虫と似た症状が起こります。
皮膚カンジダ症は、水虫を引き起こす白癬菌と同じくカビの一種である「カンジダ菌」によっておこる感染症です。
小さな水ぶくれや膿疱が出るところや、軽いかゆみを伴うことが多いところが足裏の水虫と似ています。
見た目で判断をして間違った治療を行うと、症状が悪化することもあります。
そのような結果を引き起こさないために、皮膚科を受診し白癬菌の有無を顕微鏡検査で確認することで、適切な治療が受けるようにすることが必要です。

関連記事
ニゾラールの有効成分、ケトコナゾールとは? 2019年08月29日

水虫に効果的な治療薬にニゾラールがあります。ニゾラールはカビの一種の真菌に効果を発揮する抗真菌薬で、塗り薬なので体内に吸収されないため副作用も少なく安全な治療薬です。ニゾラールの有効成分はケトコナゾールで、抗真菌薬のひとつで真菌に作用して増殖を抑えることが可能です。ニゾラールは水虫の治療に使われてい...

水虫にならないための対策 2019年11月09日

現在、水虫に悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。暑い季節や湿度が高い夏の季節には、特に水虫の症状に悩まされる人が増える傾向にあります。その理由として、水虫の原因が菌にあるということが挙げられます。白癬菌という菌が、足で増殖することによって痒みなどの症状が現れます。また、水虫の原因となる白癬...

なぜ水虫になるのか、その原因とは 2019年10月20日

水虫に悩む方はどうして水虫になってしまうのか、その原因を知っておくことで有効な対策をとることが出来ます。虫という名前で勘違いをされてしまいがちですが、水虫は菌が原因で起こります。水虫を引き起こす菌白癬菌というカビの一種が引き起こしますが、なぜ足を中心に症状が出るのかというと、カビの一種のためじめじめ...

水虫治療薬にはどんな種類があるか 2019年09月15日

水虫の治療薬には塗り薬やスプレーから飲み薬までたくさんの種類が存在します。患部がどこかや症状がどれくらい進行しているか、水虫に感染している人の年齢などに合わせて使える治療薬は変わってきます。塗るタイプのもので一番よく見かけるのはクリーム剤と呼ばれるものです。これは乾くのに時間がかかってしまいますが、...

水虫治療薬ラミシールとはどんな薬? 2019年08月15日

水虫になってしまった人は、速やかに病院で専門医に診断を仰ぐことが重要です。ただ、仕事なので忙しい場合には自分で薬を購入して治療を試みてみるのも良いでしょう。最近はラミシールと言う水虫の薬がよく利用されていて効果を発揮しています。水虫は白癬菌が繁殖することでどんどん広がってしまいます。そのため、白癬菌...