• ホーム
  • 水虫にならないための対策

水虫にならないための対策

現在、水虫に悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。
暑い季節や湿度が高い夏の季節には、特に水虫の症状に悩まされる人が増える傾向にあります。
その理由として、水虫の原因が菌にあるということが挙げられます。
白癬菌という菌が、足で増殖することによって痒みなどの症状が現れます。

また、水虫の原因となる白癬菌は、体力が落ちているときや抵抗力が弱くなっていると増殖しやすくなります。
そのため、夏の暑さで夏バテをしてしまったり、睡眠不足が原因で白癬菌が繁殖して、夏場の水虫に悩まされている人が増えているのです。

足は常に靴や靴下を履いているため、湿度が他の部分と比べて高くなっています。
特に、夏場だと靴の中は湿度が95%に届くこともあります。
そのため、白癬菌が好む環境になってしまっているのです。
日頃仕事をしていて、革靴やブーツとなどといった通気性が悪い靴を履く機会の多い人は、特に気をつける必要があります。
また、足に汗をかきやすいという人も注意が必要です。
汗を多くかくことによって、湿度がさらに上がってしまうからです。

また、他の人に比べて足の指の間隔が狭いという人も水虫には気をつけておきましょう。
指と指の間が狭いと、外気に触れる面積が少なくなり、湿気が溜まりやすくなります。
さらに、プールや銭湯によく行く人も菌が繁殖しやすくなってしまいます。
プールや銭湯の足を拭くマットや、脱衣所の床などは、湿度が高く菌が繁殖しやすい環境です。
できるだけ、このような公共の場に行くときは、裸足で歩きまわらずに靴下を履くと良いでしょう。

家に帰ったら足を洗う習慣をつけると良いです。
足の表面だけではなく、普段忘れがちな指の間まで石鹸を使ってしっかり洗います。
そして、洗い終わった後はよく乾燥させましょう。
白癬菌は水分が残っていることで繁殖しやすくなるため、足を乾燥させることを心がけることが良い対策方法です。
洗い終わった後だけではなく、日頃から乾燥させる癖をつけると良いでしょう。

また、家族など、身近な人で水虫になっている人がいたら、バスマットやスリッパを別々にするようにしましょう。
水虫は他の人にうつってしまいます。
こまめに床掃除をするなどして、菌の繁殖を最小限に抑えるように心がけることが大切です。
部屋に落ちているほこりなどの中に、その人の足で繁殖していた菌がついていることが多くなるので、掃除は大事です。

水虫と靴の関係性とは

水虫を防ぐためには、足を常に清潔に保つことがとても重要です。
しかし、足は常に靴や靴下を着用しているため、なかなか清潔に保つことが難しい部分だと言えます。
そこで、普段履く靴に気を配ることによって、白癬菌の繁殖を防ぎましょう。

まず、通気性のよい靴を選ぶことが大切です。
足の裏や指の間に汗をかきやすいという人は多いですし、あまり汗をかかないという人でも、菌は繁殖してしまいます。
靴の通気性を上げて、できる限り白癬菌の繁殖を防ぐようにします。

また、自分の足に合ったサイズの靴を選ぶことも重要なポイントです。
履けるからといって少し小さい靴を履いていたりすると、靴の中の湿気が上がりやすくなってしまいます。
また、歩きにくい靴を履いていると足にストレスがかかって汗をかきやすくなってしまうこともあります。
自分の足にぴったりの靴を履くようにしましょう。

革靴は通気性が悪いものが多いです。
スーツに革靴といった服装で仕事に行くという方も多いのではないでしょうか。
状況が許すのであれば、オフィスでは別の靴に履き替えるなどして対策することもおすすめです。
履きかえられないという時は、靴下を見直してみましょう。
素材はナイロンよりも吸湿性のよい綿などの靴下を履くと良いです。
5本指ソックスも水虫に効果的だと言われています。
汗をかきやすい人は、替えの靴下を常に持ち歩いて、途中で履き替えることも良い方法です。

靴を数足買っておいて、毎日違うものを履いて出かけましょう。
1日履いたら数日休ませるというサイクルで外出することによって、白癬菌の繁殖を抑えることができます。
また、汚れたらこまめに清掃することも大切です。
スニーカーなどの洗える靴は丸洗いしたり、靴用の洗剤を使って内側までしっかり洗います。
除菌スプレーなどを使用することも効果的です。

関連記事
営業マンの足は危険がいっぱい 2020年03月22日

長時間、靴を履いている営業マンの足は危険がいっぱいです。特に営業マンの足に多いのが「水虫」のトラブルと言われています。水虫は特に足の裏に起こりやすい皮膚感染症の1つです。白癬菌というカビの1種が皮膚の角質層に感染することで起こります。強い痒みを引き起こすのが特徴で、家族にも白癬菌をうつしてしまうため...

足の巻き爪の種類・症状 2020年02月14日

巻き爪は基本的に負担のかかりやすい足の親指に起こりやすいですが、親指に限定されている訳ではなく、どの指にも起こります。巻き爪の種類は主に3つあり、爪の両端が極端に内側に丸まってしまう湾曲爪(わんきょくそう)と、爪の両端が肉に食い込んでしまう陥入爪(かんにゅうそう)、爪の外側が異常に厚くなる爪甲鈎弯症...

水虫を放置するとどうなってしまうのか 2020年01月07日

日々の生活の中で体に関する悩みがある人は少なくありません。放っておくと悪化をする病気もあります。その中でも水虫は他人に感染をしてしまう感染症です。適切に対処をし、予防していく必要があります。原因の一つにかゆみが生じるタイプがあります。指の間に出来ることが多いです。その他にもかかとを中心にひび割れが痛...

ニゾラールの有効成分、ケトコナゾールとは? 2019年08月29日

水虫に効果的な治療薬にニゾラールがあります。ニゾラールはカビの一種の真菌に効果を発揮する抗真菌薬で、塗り薬なので体内に吸収されないため副作用も少なく安全な治療薬です。ニゾラールの有効成分はケトコナゾールで、抗真菌薬のひとつで真菌に作用して増殖を抑えることが可能です。ニゾラールは水虫の治療に使われてい...

水虫の代表的な症状とは 2019年09月30日

水虫には足にできる水虫や爪にできる水虫、足以外にできる水虫があり、症状は白癬菌がどの部位に感染するかによって異なります。足にできる水虫には趾間型・小水疱型・角質増殖型の3種類があり、その症状は下記の通りです。1.趾間型:足の指の間にできることが特徴で、まず足の指の間が赤くなり、その後白くふやけて水ぶ...